経理に限らず、ビジネスマンとしては
身だしなみに気をつけたいところです。

男性の場合は、
髪、ひげ、スーツ、シャツ、ネクタイ、時計、靴
といったところが、ポイントでしょうか。

もちろん人によりますが、
管理人は、靴に意外と気が回りません

何となく安物を買ってはきつぶす、
という使い方をしてしまっていました。

が、ひょんなことから、プロに靴磨きをしてもらったところ
認識が一変しました。
安物の靴が見事にピカピカになっているではないですか!

これは、安物ばかりじゃなく、
ちょっといい靴を履いてみようかな、と
思うきっかけになりました。

今回は、靴磨きについてお話します。

スポンサードリンク

ビジネスマンの身だしなみ

ビジネスマンたるもの、常にびしっとした
格好でいたいものです。

体に合ったスーツ、しっかりアイロンのかかったシャツ、
まっすぐなネクタイ、ぴかぴかに磨かれた靴。

こんな格好が理想的ですよね。

ですが、内勤ということもあって、
スーツは所詮作業服、シャツは形状安定だからアイロンはほどほどに、
靴なんざはきつぶしてしまえ、
というずぼらな管理人。

考えを改めなければならないわけでございます。

おしゃれは足元から、と言われるように
靴は意外と見られているポイントなのです。

人はどちらかといえば、体の上の方から身だしなみを
整えていくのが大多数ではないでしょうか。
管理人はそうです。

寝癖を直し、髪をセットして、ひげを剃る。
スーツとシャツはハンガーにかけておく。
靴磨きはごくごくまれに軽くやる程度。

しかし、靴は意外と見られています。
実際、管理人も意外と人の靴は気になります。

人は体の上のほうから身だしなみを整える、
ということを考えると、
靴がきれいになっている人というのは、
細かいところまで手を抜かない、という証明にもなるのです。

靴屋さんや紳士服屋さんで売っている
ブラシとクリームだけでもいいので、
軽くやってみるのもいいですよ。

職人のように磨くのはちょっと大変ですが…

参考:伊勢丹公式チャンネル

友人が靴磨きのお店を始めた!

さて、本題。

プライベートなことではありますが、
管理人の友人が、雑司が谷で靴磨きのお店を始めました。

 

アメリカはニューヨーク郊外のホワイトプレインズという
場所で修行を積んで、ついに日本で開業したのです。

ホワイト・プレインズ (ニューヨーク州)

White Plains, NY at Martine Ave. and Bank St.
ホワイト・プレインズ(英:White Plains)は、ニューヨーク州ウエストチェスター郡 (Westchester County) の郡庁所在地である。
2000年の統計によれば、人口は55,394人。但し、この統計は、昼間のオフィス街の人口を含めた物では無い。
ニューヨークの北に位置し、居住コストが全米でニューヨークに次いで2番目に高い事で知られる。
隣接する州市町村を含めて、全米屈指の高級住宅街も構成する。居住環境はニューヨークに比べ格段に良く車の運転もしやすい。
そのためニューヨーカー達も免許の実技試験の時にここまでに受けに来る者も多数いる。ウエストチェスター郡の中でも特に合格しやすい事で知られている。実際にここで暮らす場合は車がないとひどい目にあう。
町のダウンタウンエリアには通信、金融の有力企業の本社、及びセンターがあり、町の、北側、及び東西の境界域に、大企業の本社が立ち並ぶ、ビジネス地区が存在する。また、ダウンタウンエリア、及び境界エリアに複数の大学、専門学校も存在する。
駅前通り(メインストリート)の一角では、シティーセンターという商業再開発施設が完成し、中核には、最高級コンドミニアムであるトランプタワー、リッツカールトン(レジデンス)などが相次いで完成している。 マンハッタンに次ぐ価格帯であるものの価値も高く人気がある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BA_(%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E5%B7%9E)

彼の師匠は、このホワイトプレインズで靴磨きの店で働いていました。

友人によると、全く洒落た店ではないのに、文字通りお客様の出入りが絶えない店だった、
とのことです。
この店のボスに繁盛の秘訣を聞いてみたら、その答えは
「大切なのは、お客様にとって最高の仕事、最高の価格だ」

ここで修行した友人の腕も確かで、
私の安物のヨレヨレの靴が見事にピカピカになって
帰ってきました。

腕も道具も別次元なので、
自分で磨くのとは比較にならない出来です。

雑司が谷駅から徒歩5分ほどなので、
近くにいらしたら、是非立ち寄ってみて下さい。
きっと友人も喜びます。

スポンサードリンク
[ad#ad1]

お店があるところはどんなところ?

東京メトロ副都心線雑司が谷駅から
徒歩5分ほどの場所にお店があります。

 

まず、雑司が谷駅の1番出口から出てください。

 

そして、雑司が谷駅を背にして右へ。
センチュリー21のお店がある方向です。

しばらくまっすぐ行くと、大きな交差点があります。
ここを右に曲がってください。

そして、ひたすら道なりにまっすぐ行くとお店があります。

雑司が谷の静かな商店街の一角です。

向かいには雑貨屋さん(旅猫雑貨店さん)、
隣にはパン屋さん(赤丸ベーカリーさん)、
そして、肉屋さん、八百屋さんがあったりと
昔ながらの風情を感じられる場所です。

友人がお店を出したら、
商店街の皆様がお花を贈ってくれたり、
ツイッターでツイートしてくれたりと、
とても人情味のあるところですよ。

向かいの旅猫雑貨店さんには、
その名のとおり、猫をモチーフにした
文具や雑貨がそろっています。

管理人は娘に、紙風船を買ってあげました。

静かで昔ながらの風情がある雑司が谷。
普段のビジネスに疲れたあなたも是非
癒されに行ってみてくださいね。

そして、ぴかぴかの靴で、気合入れてがんばりましょう!!