固定資産処理をしていて、
有形固定資産になるのか
無形固定資産になるのか、
どこまで固定資産の取得価額に含めるのか、
悩むことがありませんか?

管理人の経験では、
サーバー周りやLAN工事なんかが
結構迷った覚えがあります。
固定資産の取得価額については、
別記事でも説明しているので、
そちらも併せて参考になさってください。

スポンサードリンク

サーバー構築費用は有形か無形か

サーバー構築費用は、有形のときもあれば無形のときもあります

というとミもフタも無い言い方になってしまいますが、
これだけでは判断がつきません。

サーバーには物理サーバー仮想サーバーがあります。

これらの違いによって、有形か無形かが分かれます。

物理サーバーと仮想サーバーの違いとは?

物理サーバとは、物理的実体としてのサーバコンピュータそのもののこと。主に仮想化技術によって一つのコンピュータで複数の仮想的なコンピュータを稼動させている場合に用いられる概念
で、ネットワークを通じてサーバとして利用される一台一台のコンピュータ本体のことを物理サーバという。

これに対し、仮想化ソフトなどによって物理サーバ上で複数稼働し、外部から一台の独立したコンピュータのように振る舞うサーバのことを「仮想サーバ」「論理サーバ」「サーバインスタンス」などと呼ぶ。

IT用語辞典より引用
http://e-words.jp/w/物理サーバ.html

まぁ、要は文字通りハードウェア、「ハコ」が存在しているのが物理サーバーで、
その「ハコ」の中に、仮想化ソフトをブッ込んで、
別のサーバーのような動きをさせているのが仮想サーバーという
認識で差し支えないでしょう。
ということで、
実際にハコが一つしかなくても、
動作できる余裕さえあれば、
複数のサーバーとして利用できるわけです。
さて、本題の勘定科目についてですが、
まずは金額で判定をします。

10万円未満なら、消耗品で一括処理。
10万円以上、20万円未満ならば、一括償却資産として3年償却。
20万円以上ならば固定資産です。

次に固定資産であれば、有形か無形かを判断しなければなりません。
ここまでの説明のとおり、
現物としてサーバーそのものがあるのであれば工具器具備品
仮想化ソフトを利用して仮想サーバーをインストールする場合はソフトウェア
ということになります。

サーバーを使用できる状態にするための作業費用は、
固定資産の取得価額に含めます。

スポンサードリンク
[ad#ad1]

LAN工事の処理方法は?

LAN工事と一口に言っても、ケーブル、ハブ、ルーター等
様々な設備が存在します。

これらはどのように処理すればよいでしょうか?
これについては、国税庁が詳細を出しています。

https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/hojin/020215/01.htm
なかなか難しいことが書かれていますが、
要は、昔は
LAN工事全体を一つの資産として6年償却してもいいよ、となっていましたが、
今は、個別の資産ごとに耐用年数を設定しなさいよ、となっています。
サーバーもこの中に入っていますね。
これは物理サーバーを想定していますが、
仮想サーバーは、ソフトウェアですので、
5年償却ということになります。

まとめ

物理サーバーは工具器具備品、仮想サーバーはソフトウェアで処理する。

LAN工事は、ケーブルやハブといった複数の設備があるが、
それぞれの資産ごとに固定資産計上する。

 

どこよりもわかりやすい説明を心がけています。
是非、他のブログと比較してください!

他のブログと比較してみる

 

mail6_2
本日も記事をお読み下さいましてありがとうございます。
どんなことでも結構です。
あなたのご意見、ご感想、リクエスト等お聞かせ下さい!

ブログランキングへ戻る