経理職の転職活動をする場合、大手転職サイトや転職エージェントを使う他、「特化型」のエージェントを使うという選択肢があります。

特化型エージェントにはいくつかあって、今回は経理職に特化した転職エージェント、ジャスネットキャリアで転職を成功された方の体験談をご紹介いたします。

ジャスネットキャリアって何?という方は、過去にジャスネットキャリアのご紹介をしているので、そちらをご覧いただけるとよくわかります。

この方は営業職から経理職に転職を成功させています。
経済学部出身で数字の扱いにはめっぽう強いという強みを見事に活かしています。

そして、何よりもその強みを受け止めて分析したジャスネットキャリアのコンサルタントさんもお見事。

他業種からも経理に転職できるという貴重な事例です。
是非ご参考になさってください。

↓公式サイトで無料登録


転職をしようとしたきっかけ

私は大学卒業後に営業職として中小企業に就職しました。
しかしもうすぐ入社4年という頃、私は将来についてとても悩んでいました。

実績はそこそこだったと思うのですが、どこか漠然とした不和を感じており他業種へ想いが傾きつつあったのです。

具体的に言うと「自分の持ち味を活かせているだろうか?」「このままで良いのだろうか?」という不安です。
20代のうちに結婚出来るだけの状態を作っておきたいとも考えていました。

そこで私は転職情報をネットで集めていたのですが、色々な転職サービスがあって驚きました。
一番丁寧な対応を受けられるのが転職エージェントというものらしいので、そこに絞ったのです。

いくつかのエージェントを比較する中で、私が一番興味深い経理職に特化した「MS-JAPAN」「ジャスネットキャリア」に登録しました。

ジャスネットキャリアを選んだ決め手は?

結果的にジャスネットキャリアで転職を果たす訳ですが、対応してくれたコンサルタントが私と似たタイプなのかそれとも似た人が過去に居たのか、私を詳しく分析しきってくれたのです。

具体的には私は数字に強く、コミュニケーションスキルはそこまで高くないと感じていました。

しかし営業職としても十分なスキルがあることを肯定してくれたり、それと同時に経理としての可能性も言及してくれました。
ただ褒めているというよりも、どこか言葉に説得力を感じて「ジャスネットキャリアに頼ろう!」と決めたのです。

私は大学では経済学科に所属していて、卒論などは思いっきり数字バリバリで経済政策を扱ったものでしたが周りの勧めで営業職に就きました。
人の意見で将来を決めるのは良くないですが、ここのコンサルタントの意見はちゃんと聞いたほうが良いなというのが感覚で分かったんですよね。

最終的に自分の志望業界・会社は私自身が納得いく所に決めたとは思っていますが、それもコンサルタントのおかげですし感謝です。

↓公式サイトで無料登録


ジャスネットキャリアのデメリットは?

悪かった点を強いて挙げるならば、求人数の問題で選択の幅が少ないかなと思いました。
そこさえ無ければ最高レベルで良いエージェントだと思います。

でも現在ある中で、経理職等を目指す人にとってジャスネットキャリアは一番おすすめだと言えますね!
見る限り所属するコンサルタントは人柄の良い方が多いように感じましたので、その点も高評価です。

まとめ

ジャスネットキャリアは、経理、会計分野の転職では欠かすことのできないと言える特化型エージェントの一つです。

特化型のいいところは、エージェントが業界に対して狭く深く精通している、という点が挙げられます。
この転職者の方も、営業職ではありましたが、ジャスネットキャリアのエージェントさんが強みを分析してくれたから転職に成功したと言っても過言ではありません。

個人的な意見ですが、経理はよくも悪くも保守的な部門で、集まる人もなんとなく似たようなタイプな気がします。
ですから、自然と転職エージェント側でもノウハウがたまってくるのでしょう。

逆に、規模の点ではやはり大手にはかなわないということもあります。

このメリット、デメリットを踏まえたうえならば、無料登録をしておいて損はないですよ!

↓公式サイトで無料登録


ちなみに、この転職者の方が同時に登録されていたMS-JAPANもご紹介記事がございますので、ご興味ありましたら比較してみてくださいね。
きっと転職活動のお役に立てます。