経理で転職をしたいときに気になるのが簿記1級などの資格を持っていると有利か有利じゃないか、ということではないでしょうか?

経理の資格の中では、会計士や税理士に次いで、簿記1級はかなり上位の資格に入ります。
経理の実務経験はあるんだけど、簿記の資格を持っていないという人も中にはいらっしゃいます。
何を隠そう管理人も10年近く簿記の資格を持っていませんでした。

そんな中で管理人は、経理の転職で簿記1級は必ずしも必要ではない!と考えます。

その理由を管理人の視点から説明いたします。
管理人は経理の仕事をずっとやっており、それなりに実務経験を積んできたつもりです。
今は、経理課長として部署の運営も担っている立場なので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

経理で簿記は必須か?

上場企業や大企業ならば、転職の条件として簿記1級優遇というのもあります。
ですが、それ以外では簿記は必須か?と聞かれれば無いよりはいい、という回答になります。

というのは、仕訳を切れたり、財務諸表を作れればよいので、それを実務の中で覚えられるのであれば必ずしも簿記の資格は必要ではないためです。

簿記の資格には、簿記を勉強してきた証明という意味合いや共通言語が使えるという意味がありますので、冒頭の「無いよりはいい」となるわけです。

経理の転職で「簿記2級以上必須」とあったりするのは、簿記の資格そのものよりも、経理の知識が0ではない、ということを担保するという意味合いが強いです。(あくまで会社によっては、なので100%そうとは言い切れないです…)
転職者を受け入れる職場というのは、即戦力を求めています。
ですので、0から教えている暇ははっきり言って無いのです。

簿記の資格は転職では有利か?

ほとんど同じような能力、人間性で、最終的に簿記1級を持っているか持っていないか、で判断するとすれば、もちろん持っている方が有利です。

ただ、実際は同じ能力の人はいませんよね。

管理人が採用を決めるとしたら、たとえ簿記1級を持っていても「すごいね、頑張ったんだね、会計の知識はあるんだね」で一旦は済ませると思います。
無いよりはあった方がいいですが、簿記1級を持っていたからといって、それで大幅に加点するということはありません。

経理の転職で大切なのは「で、あなたはどんなことができるの?困難にどういう風に対応するの?」などという問いに答えられることです。

簿記1級をもっているのは確かに半端じゃなくすごいことです。
ここ最近の簿記1級の難易度の跳ね上がり方は尋常ではなく、会計士試験にせまるほどだという意見もあるようです。
毛色は違いますが、合格のしにくさで言えば、税理士簿記論と財務諸表論以上なのではないでしょうか?

ですが、言い方は悪いですが、簿記1級はあくまで資格試験であって、覚えているかいないか、問題が解けるか解けないかの世界です。

実務の場では、もちろん教科書に載っているような知識で対応できることもたくさんありますが、それ以上に教科書では対応できないことがたくさんあります。
それに、仕訳や決算資料作成などは会計システムなどで自動でできてしまう時代です。

ですので、知識だけが経理の転職で重要なわけではありません。

スポンサーリンク

経理の転職で大事なのは?

では、経理の転職で簿記1級よりも大事なのは何でしょう?

当たり前で、恐らく他の職種にも当てはまることで本当につまらない結論で申し訳ありません。
知識も当然大事ではありますが、それ以上に、
・不測の事態に対応できる
・応用が利く
・業務改善の提案ができる
・今までのやり方に固執せず、柔軟な発想ができる
・逆境にもめげない
といった、内面的なことが大事になってきます。

管理人のところにも、簿記1級を持っている人は数人います。
ですが、今、お話したようなことができているのか?というと、あまりできていません。

いわゆる、「あたまでっかち」になってしまっているのか、新規のことをやるのを嫌がったり、マニュアルがないと何もできなかったり、今までこうやってきたからこれが正しいんだ!とかたくなになったりします。

むしろ、未経験の仕事でも、自分でやり方を考えながら構築していくという力がある人はとても重宝されます。

スポンサーリンク

まとめ

経理の転職では、簿記1級を持っていると引く手あまただよ!という意見が非常に多いです。
ですが、これは資格学校などの宣伝文句といってもいいでしょう。
簿記1級だけが全てではありません。

上場企業や大企業に転職するのであれば、簿記1級当たりまえというところも多いでしょうが、そうでなければ必ずしも持っている必要はありません。

それ以上に、人間性や実務での対応能力が問われるとみて差し支えないでしょう。

管理人ならばそのようにします。
知識などあとからつければよいのです。

転職で必要なのは、即戦力としての心構えです。

自分なりのやり方を確立してすぐにでも役に立てるよ、という対応能力をアピールすれば、転職はきっと成功します。

転職ならば転職エージェントが便利です。
転職先の紹介だけでなく、あなたの強みのアピールの仕方や転職先の情報、日程調整や試験結果のフィードバックなどあらゆるサポートをしてくれます。

経理であれば、経理専門や管理部門専門の転職エージェントサービスがあります。
ジャスネットキャリアとMS-JAPANの2社です。

下のリンクから公式サイトに移動できますので、ぜひご確認ください。

詳細レビューのコンテンツがございますので、そちらもご参考にどうぞ!