経理は転職をしやすいのか?と言われれば、管理人は経理を長く続けている経験から、「転職しやすい」と答えます。

さて、今回はその理由をお答えしていきましょう。

今回の記事をお読みいただければ、経理がなぜ転職しやすいのかがわかります。

どこの会社でも会計基準はほとんど同じだし、簿記も知名度の高い資格なのでアピールもしやすいです。
そして、経理業務の幅は、ある程度決まっているので、あなた自身のスキルが今どの程度なのか?というのがわかりやすいですよね。

経理の転職で迷っているならば、きっと参考になります。

未経験で経理の仕事に転職したいのであれば、こちらの記事も参考になります。

スポンサーリンク

経理はどの会社でも基本は同じ

経理の仕事は基本的に、制度会計、管理会計、税務会計がわかっていればどの会社でも同じです。
会計基準や法律から逸脱していることはまずあり得ないので、求められる知識の大部分は実務経験さえあればカバーできます。

そこに、どれだけの範囲の実務をやってきたのかをアピールできれば、転職はしやすいと言えます。
例えば、決算で財務諸表を作ったことがある、会計監査対応をしたことがある、税務申告をしたことがあるといった経験があればなお良いでしょう。

業界や会社組織にって経理処理の違いが出てくるので、習得の難易度はともかく、そのような部分だけ転職後に覚えていけばよいのです。

管理人も転職を経験しているので、このことは自信をもって言えます。
基本的な知識は、前の会社の経験や簿記等の勉強で十分カバーできました。
上記のような、決算、監査対応、税務の経験ややる気をアピールしたら、比較的すんなり内定をもらえたという感じです。

入った後に、会社独特の経理処理や文化に慣れていきました。

スポンサーリンク

スキルの積み上げが効く

先ほどのとおり、経理の転職で求められるスキルはほぼ決まっています。
会社によってレベルは違うものの、180度違うスキルが求められる、ということはあまり考えられません。

ということは、経験を積めば積むほど有利になり、転職しやすいということです。

1社目で会計の基本を習得し、2社目で決算を主導し、税務申告も覚え、3社目で連結決算や海外取引を経験する・・・というようなキャリアを歩むということも可能ですし、実際、経理ではそのような人が多いでしょう。

管理人自身ももちろんそうですし、中途で入ってくる同僚を見ても、例えば「前職では税務をやったことがないから、この会社では是非担当してみたい!」「連結決算が担当できて嬉しい!」という反応を見せています。

仕事の範囲が決まっているがゆえに、自分が習得済みのスキル、習得していないスキルがわかりやすいのも経理の仕事の特徴です。
自分のスキルの分析もしやすいので、これも転職しやすさの一つの要因と言えます。

スポンサーリンク

資格が業務に直結しているので評価されやすい

簿記の資格はもちろん、会計士や税理士といった資格をもっていれば、ある程度転職で優遇されることがあります。
ただ、資格は持っているだけではダメで、資格が評価されるには実務レベルも伴わないといけません。

そこで、資格の勉強と実務を両立させていることをアピールするという方法があります。

繰り返しになりますが、経理の仕事は会計基準や法律でほぼ決まっています。
ということは、それらの知識が問われる簿記等の試験を勉強すれば、実務の知識も付いてくるというわけです。

実務、特に決算や税務ではハイレベルな知識が求められるので、資格の勉強を通してあらかじめ全体像を知っておくと仕事の進め方もスムーズになります。

このように、資格を取りつつ実務でもその知識をいかんなく発揮しているということが言えれば、転職の時の強力な武器になるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

以上より、経理は転職がしやすいのか、というとしやすいと言えます。

やっぱり、どこの会社も経理の仕事はほとんど同じなので、潰しが効くんですね。
そして、やればやるほど知識もついて業務範囲も広げることができるというのが特徴です。

転職では、自分にどのようなスキルがあって、何が足りないのか?ということの分析が必要になります。

他者に客観的なアドバイスをもらえば、転職に有利になるでしょう。

管理人の知る限り、経理専門の転職アドバイザーはジャスネットキャリアとMS-JAPANの2社です。
経理での転職を考えているなら、完全無料ですので、登録しておいて損はないでしょう。

>ジャスネットキャリアの公式サイト⇒【ジャスネットキャリア】

>MS-JAPANの公式サイト⇒MS-JAPAN

詳細レビューのコンテンツがございますので、そちらもご参考にどうぞ!